【時事ネタ】勤労感謝の日と新嘗祭[にいなめさい]

昨日2018年11月23日は『勤労感謝の日』でした。

『勤労感謝の日』は、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という趣旨のもと、国民の祝日として制定されまた。

しかし、『勤労感謝の日』は第二次世界大戦後に制定された国民の祝日で、元は『新嘗祭[にいなめさい]』という祭日だったようです。
『新嘗祭』とは、「その年の収穫に感謝する日」のようです。

「10月31日のハロウィンで騒ぐ前に、日本人なら『新嘗祭』である本日を大切にした方が良いのではないか?」と思ってしまいます。