【ブログの不具合】パーマリンクやタグの編集ができない時の対処法:ダウングレード

私が運営している当ブログ『さくらフォワード』には、同じ設定にしている“兄弟ブログ”があります。

今回は“兄弟ブログ”では不具合が見つからなかったのに、当ブログで発生した不具合と、その対処方法について書いていきたいと思います。

同じ設定のブログを運営する理由

同じレンタルサーバーを使い、使用しているWordPress(ワードプレス)のテーマも同じブログを2つ運営している理由は以下のとおりです。

  1. ブログで取り扱う内容があまりにも異なるので別々にしている
  2. 同じ設定の2つのブログを運営することによって、どちらか一方に異常が見つかった際に比較しながら対処できる

上記の2点が大きな理由ですが、実際は当ブログが「本番のブログ」で、“兄弟ブログ”は「試験的なブログ」という位置づけで2つのブログ運営を開始したのでした。

当ブログで発生した不具合と対処方法

今年初めに当ブログで記事を書こうとしたら、「パーマリンクを編集できない」「タグをつけることができない」といった不具合に気づきました。

当ブログの“兄弟ブログ”には異常がなかったので、正常な“兄弟ブログ”と何度も比較し、対処法を色々試しました。

サーバーに異常はない。CSSやHTMLなどにも異常はない。

当ブログの不具合の原因がよく分からないまま1週間ほど過ぎた先日、再度当ブログの異常解消を試してみました。

最終的には、ワードプレスとプラグインのバージョンをダウングレードすることによって不具合が解消されたのでした。

ワードプレスのバージョンを、最新の「5・6」から、一つ前の「5.5.3」にすることによって問題は解決しました。

ワードプレスのダウングレード方法

さて、私が実際に行った「ワードプレスのダウングレード」。それに使用したプラグインは『WP Downgrade』というプラグインです。

プラグインの画面で「WP Downgrade」と入力すると出てきます。

『WP Downgrade』をインストールしたら「有効化」をクリックします。

赤色の枠線で囲んだ部分に、使用したいワードプレスのバージョンを入力して「変更を保存」します。

その後、ダッシュボードにある「更新」を選択し、“ワードプレスの再インストール”を行います。

ワードプレスのダウングレードに伴いプラグインもダウングレード

ワードプレスのバージョンをダウングレードしたことによって、同じようにダウングレードする必要が発生するプラグインも出てきます。

その場合は、プラグインもダウングレードさせて、ワードプレスとの互換性を改善する必要があります。

今回の件で、「最新のバージョンが、最良のバージョンではない場合もある」ということを実体験として学ぶことができました。

「金融・投資」と「競馬」で
ランキングに参加中

人気ブログランキング