スポンサーリンク

【競馬】2019年の有馬記念の勝ち馬はリスグラシュー!

有終の美を飾ったリスグラシュー

2019年12月22日、中山競馬場で行われた有馬記念はダミアン・レーン騎手が騎乗したリスグラシューが勝利しました。勝ちタイムは2分30秒5。

2着はサートゥルナーリア、3着にはワールドプレミアが入りました。

有馬記念の優勝賞金は3億円、2着賞金は1億2000万円、3着賞金は7500万円となります。

 

出走馬がファン投票で決まる【ドリームレース】と呼ばれるレースが2つあります。1つは夏の宝塚記念。もう一つは冬の有馬記念です。

同一年度にドリームレースの宝塚記念と有馬記念を制したリスグラシューは見事だと思います。

2つのドリームレースを勝利した牝馬は今までいたかな?あとで調べてみます。

 

リスグラシューは、今回の有馬記念を最後に現役引退を発表しておりました。

今回の有馬記念を見てしまうと、現役を引退するのは勿体ない、と感じますが、惜しまれつつ引退するのも良いのかもしれませんね。

 

リスグラシューは宝塚記念後にオーストラリアのG1レースも勝利しているので、年度代表馬に選出される可能性も考えられます。

 

2019年・有馬記念の着順(上位5着)

1着=リスグラシュー

2着=サートゥルナーリア

3着=ワールドプレミア

4着=フィエールマン

5着=キセキ