【競馬】2019年・有馬記念、アーモンドアイは勝てるのか?

現役最強馬アーモンドアイが中心の有馬記念

アーモンドアイの香港遠征断念は残念でしたが、当初は出走予定の無かった有馬記念に出走することになりました。

有馬記念でアーモンドアイの手綱を握るのは、クリストフ・ルメール騎手。

ルメール騎手はアーモンドアイの主戦騎手なので、鞍上の不安はありません。

競馬ファン、アーモンドアイのファンにとって気になるのは「アーモンドアイは中山の2500mに適応できるのか?」という点だと思います。

☆彡

4コーナーを回って、最後の直線は310m。

その直線残り180m付近から高低差2・2メートルの坂が待ち構えています。

中山競馬場の2500mを勝つとなると、スピードとスタミナだけでなく、持久力も必要になってきますが、アーモンドアイは中山の2500mに適応できると思っています。

 

第64回・有馬記念の出走馬

1-1)スカーレットカラー
性齢)牝馬4歳

父)ヴィクトワールピサ
騎手)岩田康誠…55

1-2)スワーヴリチャード
性齢)牡馬5歳
父)ハーツクライ
騎手)マーフィー…57

2-3)エタリオウ
性齢)牡馬4歳
父)ステイゴールド
騎手)横山典弘…57

2-4)スティッフェリオ
性齢)牡馬5歳
父)ステイゴールド
騎手)丸山元気…57

3-5)フィエールマン
性齢)牡馬4歳
父)ディープインパクト
騎手)池添謙一…57(乗替)

3-6)リスグラシュー
性齢)牝馬5歳
父)ハーツクライ
騎手)レーン…55

4-7)ワールドプレミア
性齢)牡馬3歳
父)ディープインパクト
騎手)武豊…55

4-8)レイデオロ
性齢)牡馬5歳
父)キングカメハメハ
騎手)三浦皇成…57(乗替)

5-9)アーモンドアイ
性齢)牝馬4歳
父)ロードカナロア
騎手)ルメール…55

5-10)サートゥルナーリア
性齢)牡馬3歳
父)ロードカナロア
騎手)スミヨン…55

6-11)キセキ
性齢)牡馬5歳
父)ルーラーシップ
騎手)ムーア…55(乗替)

6-12)クロコスミア
性齢)牝馬6歳
父)ステイゴールド
騎手)藤岡佑介…55

7-13)アルアイン
性齢)牡馬5歳
父)ディープインパクト
騎手)松山弘平…57(乗替)

7-14)ヴェロックス
性齢)牡馬3歳
父)ジャスタウェイ
騎手)川田将雅…55

8-15)アエロリット
性齢)牝馬5歳
父)クロフネ
騎手)津村明秀…55(乗替)

8-16)シュヴァルグラン
性齢)牡馬7歳
父)ハーツクライ
騎手)福永祐一…57(乗替)

スポンサーリンク

有馬記念の個人的予想

◎本命
アーモンドアイ

○対抗
サートゥルナーリア

▲単穴
リスグラシュー

△連下
フィエールマン

★注目
ワールドプレミア

 

予想の根拠

本命馬はアーモンドアイ。

この馬を本命に推すことに、理由は要らないと思います。

アーモンドアイは「現役最強馬」ではなく、「現役最強馬」「歴史に残る名馬」だと思っています。

アーモンドアイの不安要素を敢えて挙げるとすれば、初の中山2500mのレースという点だと考えております。

☆彡

対抗馬はサートゥルナーリア。

昨年のホープフルステークスの勝ち馬で、今年の皐月賞馬。

母はシーザリオ。その父がスペシャルウィークなので、スタミナや持久力に関しては問題ないと考えています。

日本ダービーは4着、天皇賞(秋)は6着でした。それ以外のレースは全て1着。

負けた2レースはどちらも東京競馬場、左回りでした。

母の父スペシャルウィークは東京競馬場が得意だったのですが、「サートゥルナーリアは左回りが苦手なのでは?」と個人的には考えております。

☆彡

単穴はリスグラシュー。

今年は宝塚記念を2分10秒8のタイムで勝利。

宝塚記念勝利後もオーストラリアのG1レースを勝利。

4歳秋に本格化し、エリザベス女王杯を勝利。5歳になった今年は牡馬に混じっても安定したレース結果を残してるので、期待しております。

先行を得意とする馬が多いので、展開によっては、差し馬のリスグラシューが有利になる場面があるかもしれません。

☆彡

穴下はフィエールマン。

昨年の菊花賞馬で、今年の天皇賞(春)を勝ったディープインパクト産駒。

今年の凱旋門賞では12着という成績でしたが、この馬はタフなレースを得意とする競走馬だと思います。

主戦騎手だったルメール騎手がアーモンドアイに騎乗することになり、フィエールマンには池添謙一騎手が乗ることになりました。乗り替わりが吉とでるか凶とでるか、楽しみなところです。

☆彡

注目馬はワールドプレミア。

今年の菊花賞の勝ち馬で、ディープインパクトの産駒。

レース経験は6戦と少ないけれど、鞍上は全て名騎手・武豊。馬の経験値の低さをカバーしてくれると信じています。

これまでの6戦で、4着以下が一度も無い点は魅力的です。

個人的には「菊花賞馬は有馬記念で好走する」という印象が強いので、注目馬としました。

 

馬券を買うのなら

アーモンドアイを軸として、サートゥルナーリア、リスグラシュー、フィエールマン、ワールドプレミアのワイド馬券を購入したいと思います。

9-10、6、5、7のワイド馬券

「金融・投資」と「競馬」で
ランキングに参加中

人気ブログランキング