スポンサーリンク

【競馬】第15回ヴィクトリアマイル:圧勝のアーモンドアイ、GⅠ通算7勝目

東京競馬場で行われた第15回ヴィクトリアマイル(4歳以上牝馬GⅠ、芝1600メートル)は、一番人気のアーモンドアイが勝利しました。
鞍上はクリストフ・ルメール騎手。

第15回ヴィクトリアマイルの勝ち馬はアーモンドアイ

第15回ヴィクトリアマイルの結果は以下のとおりです。

  1. アーモンドアイ   1分30秒6
  2. サウンドキアラ   4
  3. ノームコア     クビ
  4. トロワゼトワル   1/2
  5. ダノンファンタジー 1/2

この勝利によって、アーモンドアイの通算GⅠ勝利数は7勝(海外GⅠ・1勝を含む)となりました。

 

JRAのGⅠレース6勝目

JRAのGⅠレースを6勝している競走馬は、ブエナビスタ、オルフェーヴル、ジェンティルドンナ、ゴールドシップの4頭で、アーモンドアイはその4頭に並びました。

ちなみに、JRAのGⅠレースを7勝している競走馬は、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウォッカ、キタサンブラックの5頭です。

※海外GⅠレースの勝利数も含めた通算GⅠ勝利数では、ジェンティルドンナとアーモンドアイが7勝となり、6勝にはロードカナロアとモーリスが名を連ねることになります。

今後、アーモンドアイがJRAのGⅠレースを勝利すればJRA・GⅠ7勝で歴代最多タイとなります。
また、海外GⅠを勝利すれば、GⅠ通算8勝となり、日本競馬界初となります。

 

アーモンドアイの血統と勝利GⅠレース

父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母の父:サンデーサイレンス

・2018年
桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンカップ

・2019年
ドバイターフ(※)、天皇賞(秋)

・2020年
ヴィクトリアマイル

※ドバイターフは海外GⅠ

 

アーモンドアイの次走は?

アーモンドアイの次走は6月7日の安田記念(3歳以上GⅠ、東京・芝1600メートル)になるか、6月28日の宝塚記念(3歳以上GⅠ、阪神・芝2200メートル)のどちらかになるのではないかと思われます。

個人的には、宝塚記念→天皇賞(秋)→ジャパンカップというローテーションで戦ってほしいと思います

今回のレースの勝ち方を見て、私は圧倒されました。

ルメール騎手が最後の100メートル付近で後方確認し、勝利を確信したようになってからは無理に追い込まず、流して勝利。
そのタイムが凄い…。

レースレコードタイムは、2019年のノームコアの1分30秒5。
JRAレコードタイムは、2019年のトロワゼトワルの1分30秒3。

今回のタイムが1分30秒6なので、ルメール騎手がアーモンドアイを追っていれば、JRAレコードを更新した可能性があります。
敢えて追わなかったのは、アーモンドアイの消耗を考慮したうえでの判断だったのでしょう。

 

2019年の有馬記念で9着になったアーモンドアイでしたが、今回の勝利で「まだまだイケる」ことを証明したと思います。

今後のアーモンドアイの走りに期待したいと思います。